ライフキャリアとは?

自分の社会的な役割の前に、すべての企業も社会的存在意義があり、社会的役割があります。それがない企業は、長くは存続しないはずです。

ということで、企業に所属している場合は、企業の中での役割をしっかり全うしていれば、社会的な役割を果たしているとも言えます。しかし、それも20代の間くらいで、少なくとも40代以降では、それが本来の自分の社会的役割と一致しているかどうか考えるべきでしょう。その意識がないと、定年後、突然何をしてよいのか、わからなくなるのです。
要は、本来の自分の社会的役割は、企業に所属していようがいまいが変わらないもので、逆にそれらを全うできる環境に身をおくという選択が重要となってきます。

もちろん若い頃から役割を果たしていれば理想ですが、多くの場合、将来役割を果たすために、さまざまな経験をつみスキルを身につけるということになります。場合によっては、リタイア後が役割を果たすフェーズで、それまでの企業所属時期がその仕込み段階ということもあるかも知れません。

いずれにしても、「キャリア」は、企業内だけの話では事足りなく、キャリアは一生涯のもので、社会的な役割は生涯かけて達成するものです。

つまり、「キャリア」は、企業で働く「ビジネスキャリア」だけではなく、さらに、仕事をしているビジネスアワーだけで達成できるものでもないことがほとんどでしょう。

社会的な役割は、仕事を通してそれらを全うすることとなりますが、ここでいう「仕事」は、日々、そして生涯かけてする仕事です。そうすると、キャリアを考えるには、ビジネスキャリアだけでなく、ワークキャリアであり、さらに日々の生活や人生の最後までの広い範囲を見すえたキャリア「ライフキャリア」を意識することが大事です。

「ライフキャリア」は、老後を考えることや、定年後の生涯学習を考えること、あるいはワークライフバランスを考えることと定義される場合もありますが、ここで言うライフキャリアは、それらとは違います。とらえ方はいろいろあってよいと思いますが、それらだけでは、社会的な役割を一時期的や断片的にしか考えられないので、異なるものとしています。

ライフキャリアを考え、見すえることは、社会的な役割を全うするためであり、それによって、毎日イキイキと生き、悩みなく人生を豊かに生きることができるようになります。

ライフキャリアは、社会人としてデビューした時点から、一生を終えるまで、人として何をめざし、社会の一員として何をなすのかそれらを見すえたキャリアのことです。

ライフキャリアは、仕事と生活を分けることをせず、仕事と生活を調和させ融合させた「ワークxライフ インテグレーション」によって、実現させることができます。

ライフキャリアとは?” に対して1件のコメントがあります。

  1. WoLicas admin より:

    「ライフキャリア」は、「ワークライフキャリア」へと進化しました。
    あらためて、そちらのコラムもご覧くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です